国際ブランドの新鋭

クレジットカードの国際ブランドの一つに加えられそうな勢いなのが、銀聯カードです。
これまでアジア系のの国際ブランドはJCBのみでしたが、中国生まれの銀聯が仲間入りする日も近そうです。
近年は日本での銀聯に対応する加盟店が増えてきました。
家電量販店やディスカウントストアでは、当然のように銀聯カードで買い物をしている中国人観光客の姿もみかけます。
日本は中国の富裕層観光客が増えており、爆買いなんかがいたるところで行われています。
銀聯カードが使えることで、さらに中国人の消費を拡大したい思惑があるのでしょう。

銀聯カードは中国国内では、ほとんどの場所で利用することができます。
中国を訪れるなら、1枚は持っておくと良いかもしれません。
特に長期滞在になるなら、発行しておきたいクレジットカードです。
銀聯があれば中国での生活では、不自由がないと思われます。

銀聯カードは日本国内でも発行することが可能です。
三井住友VISAカードや、三菱UFJニコスなどで発行ができます。
決済時は暗証番号とサインの両方が必要となりますので、不正使用がされにくくセキュリテイ的にも安心。
治安が良くない中国でも、使いやすいクレジットカードです。