国際ブランドの特徴【VISA編】

国際ブランドで有名なもので、日本でも発行枚数が多いと言えばVISA(ビザ)があります。
身近なクレジットカードで、活用している方も多いでしょう。

・三井住友VISAデビュープラスカード
・エポスカード
・VIASO(ビアソ)カード
・三井住友VISAクラシックカード
・三井住友VISAゴールドカード

以上のようなVISAカードが国内にはあります。
他にも数え切れないほどあります。

そのVISA(ビザ)といえば、世界ナンバー1の国際ブランドといっても過言ではありません。
世界で使うという事を考えれば、こちらのカードを選んでおけば問題ありません。
世界で最も利用されているクレジットカードです。

日本では、やはりJCBカードには勝てませんが、実は使える店舗数についてはナンバーワンです。
国内でもその利用のしやすさは全く変わりがありません。

さらに出張などで海外に出る機会が多い方は、どのような地域でも使える可能性が高いため持っておくべきです。
海外旅行や海外出張のお供に適したクレジットカードがVISA(ビザ)です。

ちなみにゴールドカードなどの上級のカードにもVISA(ビザ)は多く存在しています。
手厚いサービスが受けられるものも多いので、特典というものにも注目したいカードです。